自己破産者

今日、年間10万人の自己破産者が生み出され、その予備軍は200万人いるといわれています。

自己破産などの法的手続きによる債務整理は個人にとって、

ブラックリストとして数年間残り借入れやクレッジトカード発行の障害となります。

このように個人的にも、社会的にも大きな損失となる債務破綻を回避するためおまとめローンの果たす役割は重要となります。

まずこの制度を利用するためにはいくつかのおまとめローンの重要ポイントをおさえなければなりません。

いうまでもなく、債務金額が全体としていくらあるのか、

借入先金融名・返済期日・月々の返済額・金利・他の諸条件等自己の借入状況を正しく把握しなければなりません。

そして、現在の収入状況に応じて、どの程度の返済が可能なのかを分析する必要があります。

そのことは新たな借入金融先との関係で調整されることとになりますが、

客観的な数字を元に、真面目に確実に完済に至るまで返済するという強い意思を相手方に示すために必要となります。

第2に、おまとめローンの重要ポイントは、収入の3分の1までしか借りられないという総量規制の例外となり、

対象外の銀行ローンはいうまでもなく、消費者金融が行う場合も例外になることを抑えておくべきでしょう。

そして広く、いろいろな金融機関を調べ、どこが有利になるか調べることが必要です。

借入先を一本化すれば、借入額が大きくなり金利が安くなる可能性があり、返済期間も伸長することもできます。

第3のおまとめローンの重要ポイントは、他社借入件数が重要な要素になるため、

借入金融機関が増えない早いうちにローンの1本化を行うことです。

以上を踏まえて、余裕を持った生活を目指してください。